e-dream-s      |       @aglance      |       top      |       contact us      |       English




「ACROSS Seminar for English Teachers on TETE
異文化能力を育成する授業づくりセミナー」のご案内

アクロスは、中学校・高校の英語教員が多く所属するNPOで、長年にわたりアジア各国の学校を訪問し、その経験からカンボジアへの教育支援を続けています。  この度、アクロスはカンボジアから学生を迎え、生徒の異文化理解を育むことをめざしたこれからの英語の授業について考え、提案するワークショップを開催します。

  1. 目的
        1)生徒の異文化能力(Intercultural Competence)を育むための中学校、高校での英語の教材や指導法について議論し、提案する
        2)カンボジアで活躍する日本人やカンボジアの学生の世界観にふれ、ALT(Assistant Language Teacher)やNET(Native English Teacher)と共同で授業をつくる経験を通じて、英語教師としての更なる成長の機会とする

  2. 主催
        特定非営利活動法人ACROSS

  3. 後援
        京都府教育委員会(申請中)

  4. 日程
        平成30年1月6日(土)午後1時〜5時、1月7日(日)午前9時〜12時

  5. 会場
        1日目:(予定)ウィングス京都
            (京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262 TEL.075-212-7490)
            (地下鉄烏丸御池駅(5番出口)または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)下車徒歩約5分)

        2日目:コープ.イン.京都
            (京都市中京区柳馬場蛸薬師上る筒屋町411 TEL.075-256-6600)
            (地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(13番出口)下車徒歩約5分)

  6. 対象者
        小学校、中学校、高校、大学の英語教育、国際理解教育に関わる教員、ALT,NET

  7. 研修内容
    • 「異文化能力を育成する授業」についての基調講演
    • カンボジアで活躍するゲストスピーカーによる講演
    • 分科会
          ALT,NETを加えた4つのグループに分かれ、カンボジアを題材にそれぞれのトピック(食べ物、服装、結婚、仕事)について、英語授業のための教材や指導法について論議。疑問点は、ゲストスピーカーやカンボジア人の学生に直接たずねます。
    • 全体会での発表 各グループより論議のまとめと教材や指導法の提案     *TETE (Teaching Englih Through English)の理念に基づき、講演および分科会のDiscussionも含め、全て英語で行います。
  8. 参加費
        1日のみ 2000円 2日とも3000円

  9. スケジュール
        
    1月6日(土) 13:00 受付開始
    13:20 開会、カンボジア学生、ALT,NETの紹介
    13:30 講演
        @基調講演「異文化能力を育成する授業」
            特定非営利活動法人ACROSS顧問 井川 好二
        Aゲストスピーカーによる講演
            Kurata Pepper Co.Ltd. 代表 倉田 浩伸
    14:30 質疑応答
    15:00 分科会1
        教材や指導法についての議論
    17:00 1日目終了
    1月7日(日) 9:00 分科会2
        まとめ、発表準備、リハーサル
    11:00 全体会
        プレゼンテーション、質疑応答
            まとめと講評 ACROSS顧問 辻 荘一
    12:00 2日目終了

  10. 申し込み・問い合わせ先
    田辺恵美(ACROSS 副代表理事・大阪府立千里高等学校教諭)
        Email:across-osaka@e-dream-s.org
    (「@」を半角にしてお送りください)

  11. 講師、コーディネーター紹介
    • 井川 好二 (基調講演 講師)
      四天王寺大学副学長。人文社会学部教授。応用言語学教育学博士。TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages)の分野でこれまでさまざまな著作や発表を行ない、日本の大学生や英語教員対象の多くの国際プログラムを企画・運営してきた。日本、韓国、カンボジア、スウェーデンで調査研究を行ない、現在の研究テーマは留学、教員研修、英語で英語を教えること、国際語としての英語、異文化能力、国際協力などである。

    • 倉田 浩伸 (ゲストスピーカー)
      「株式会社クラタペッパー」代表。NGOのボランティアとしてカンボジアに渡航後、2005年胡椒専門店「クラタペッパー」設立。2013年に日本支店を設立し、2017年には日本法人「株式会社クラタペッパー」に変更。在カンボジア日本人商工会役員事務局長、カンボジア有機農業協会理事などを歴任し、現在はカンボジア有機農業協会理事長、日本カンボジア経営者同友会理事。テレビ、新聞、雑誌等にも活躍の様子が多数取り上げられている。

    • Sokhom Leang (カンボジア学生のコーディネーター)
      王立プノンペン大学外国語学部でTESOL(Teaching English to Speakers of Other Language)の学位、カンボジア工業大学で化学の学位、名古屋大学で国際開発の修士号を取得。現在は、カンボジア王国プノンペンにあるIDP Educationのアカデミック・コーディネーターとして留学前トレーニング・プログラムのスタッフのマネジメントを教育および実務の両面から支援している。


・本セミナーにおいて、協働学習を行うカンボジア学生は、カンボジアの次世代を担う学生の日本招致プログラムを活用し、クラウドファンディングにてその資金を集めております。ご関心をお持ちの方はこちらをご覧ください。

copyright 2013-2017 ACROSS